経蔵

一切経が収蔵されていた、三間四面の瓦葺二層総欅造りの建造物です

現経蔵は寛政11年(1799)に着工、2年後に完成。

内部の輪蔵は文化9年(1812)から3年後に完成しています。

およそ15年の歳月をかけて造られた経蔵の建造費は八百両から一千両とも伝わっています。