五百羅漢像

文政三年(1820)に当山の住職であった豪潮律師によって開眼されました。

​時間の経過に伴い風化が進んでいますが、一体一体それぞれが個性を持った羅漢像です。

石工源吉の作と伝わっています。