阿弥陀堂

平治元年(1159)に野間の地に葬られた源義朝公の墓地をお詣りに訪れた浄土真宗開祖 親鸞聖人が当山の由緒を聞き参詣下さいました。

その際、この地へ我が門徒を詣でさせんと弘法大師七井の井戸の水を汲み、自ら阿弥陀如来の一尊を書き納められたと伝わっています。

現在の阿弥陀堂の本尊となっています。